• 熊本裕美

寒い時期は特に注意!赤ら顔


赤ら顔になるのはなぜ?


真冬の肌に赤みが出やすい原因は、急な温度変化と、肌のうるおいバランスを保つバリア機能の低下です。


肌は、寒いところにいると、皮膚の温度の低下を防ごうと血管を収縮させます。

そして暖かい屋内に入った時に血管も元に戻るのですが、寒い外と暖かい室内の寒暖差が激しいため、毛細血管の拡張と収縮が繰り返されて、そのうち拡張されたままになってしまいます。健康な肌の場合は、血管が収縮し、やがて赤みが目立ちにくくなりますが、敏感になっている肌は、皮膚が薄くなっているので血管が収縮せず、肌表面に赤みが目立ちやすくなってしまいます。


冬の寒い時期の肌は、寒さによる過酷な乾燥によってバリア機能が低下することで肌の水分が保てなくなり、外からの刺激を受けやすい状態になっています。

バリア機能が低下することで、肌が敏感になり、血流量や炎症が増えるため肌の赤みが目立つようになるのです。




赤ら顔対策


優しく丁寧な洗顔、スキンケアを心掛ける


冬の頬の赤み対策のためには、お肌に強い刺激や摩擦など与えすぎないが大切です。

洗顔やクレンジングを行う時、ゴシゴシ洗ってしまう方もいると思いますが、極力肌を擦らないように注意し、優しい力で洗いましょう。また、ピーリングを頻繁に行うとお肌にとって必要な角質も一緒に落ちてしまうので、赤ら顔が気になるときなどはピーリングなどはお休みし、お肌を労わるケアを重視してください。


保湿ケアを徹底する


冬は乾燥しやすく、敏感肌になりやすいので保湿ケアを徹底することを忘れないようにしましょう。

お肌が乾燥することで頬の赤みが目立つこともあるので、化粧水や美容液を浸透させたら乳液やクリームで油分を補うという基本的なケアをしっかりと行うことが重要です。夜だけでなく朝も保湿ケアを大切にしてください。

化粧水ミストや美容液スティックなどの、日中も保湿ができるアイテムを用意しておくと安心です。


生活習慣を改善する


頬の赤み対策には、生活習慣を改善することも大切です。

つい夜更かしをしてしまったり、休日に寝だめをしたり、インスタント食品だけの栄養バランスが取れていない食生活を続けてしまうと、ホルモンバランスに乱れが生じ、赤ら顔の症状を悪化させてしまう可能性があると言われています。

一人暮らしや仕事が忙しいと生活習慣が乱れがちですが、赤ら顔の重症化を防ぎ、改善するためには栄養バランスの良い食事を心掛け、たっぷりと睡眠をとることが大切です。


自律神経を整える


毛細血管の拡張と収縮を支配しているのは自律神経なので、まずは自律神経を整えるように意識しましょう。具体的には、規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事、そしてストレスをなくすことを心掛けましょう。

また、スポーツや音楽、絵画など自分に合わせた心地よい時間をもつのも効果的です。


肌への刺激となるものをあらかじめ避ける


とくに敏感肌が原因で赤ら顔になっているという場合は、スキンケア方法や、化粧品だけではなく身の回りのものにも気を配ることが大切です。例えば、髪の毛にスプレーやワックスをつけた時、それが肌につくと痒みや赤みの原因になることがあります。

赤みが気になるときには、極力整髪料の使用を避け、アップスタイルや後ろでまとめ髪をするように意識してみてください。また、バスタオルや枕カバーなどは毎日取り替えて常に清潔な状態をキープしてください。


最新の光美容フォトフェイシャル


エステサロンLUXEではお顔全体に光を照射してお肌の状態を整えていきます。

LUXE人気メニューのフォトフェイシャルは赤ら顔の他、しみやしわ、たるみ、黒ずみ、にきび痕などにも効果を期待できます。

肌トラブルでお悩みの方は是非一度お気軽にご相談ください。


フォトフェイシャルメニュー

エステサロンLUXE(ラグゼ)

070-3193-5073

ご予約に便利なLINE(フォトフェイシャル初回半額クーポン付き)

友達追加


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

くすみ